うつ病の改善にはカウンセリングが効果的です

薬の特徴

抗うつ剤の服用について

 抗うつ剤はうつ病の治療に使われる薬のことです。ただし、抗うつ剤はそれだけで劇的に改善されるわけではないことを留意しておく必要があります。あくまで補助用に使う薬です。軽度のうつ病の場合は、抗うつ剤を使わずに治すことの場合が多いです。  抗うつ剤は通常飲み始めてから1週間から2週間ほどで効果が現れます。パニック障害などにも広く効きますので服用し続けることが大事です。しかし、副作用が出ることも多いことを特徴としますので注意が必要です。厄介な点としてはすぐに副作用がでます。ですので、服用してしばらくは我慢することになります。  現在は副作用ができるだけでないように配慮された抗うつ剤も開発されてきているので、できるだけ負担がない自分に合った薬を選ぶことが大事です。できれば医師の処方した薬を飲んだ上で医師の指示に従った方が安全といえます。

薬の離脱症状について及びうつの原因を知るということ

 抗うつ剤の一部には薬の服用をやめることで薬の離脱症状を引き起こすことがあります。薬の離脱症状とは服用をやめることで出てくる副作用のことです。その結果、かえってうつの症状をひどくしてしまうことがあります。ですので、抗うつ剤を服用して効果が出てきても急に服用をやめることは控えるようにします。徐々に服用の間隔を広げていき、最終的に服用しなくても身体がついていけるようにすることが抗うつ剤を服用する際のコツといえます。  また、うつの原因をよく知っておくということも大事です。根本的な原因を改善させないとまたうつ病を発症してしまいます。  うつ対策としてはストレスを受けてもうつを発症するかどうかには個人差があることは知られています。人間には運動力、免疫力、治癒力、調整力の4つが体内に備わっています。それらの力がないとうつを発症し、あるという人の場合でもその4つの力のバランスが崩れると精神的ショックを受けやすくなります。  ですので、うつ対策には日頃から身体を鍛えていくことは重要です。

ページの上部へ