うつ病の改善にはカウンセリングが効果的です

うつの薬を飲む

抗うつ剤選択にかかるメリットとデメリットを知ろう

うつ病は心の風邪などと言い表されることがありますが、実際は脳の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンなどの濃度異常であり、これらを正常に戻すようにするために抗うつ剤が処方されます。 抗うつ剤には昔から使われているいわゆる三環系のものから現在は選択的セロトニン再取り込み阻害剤という第三世代のものが処方できるようになっています。三環系のものは他の神経も作用してしまうことが多く、口の渇きや吐き気などの副作用が強く出ることがありますが、比較的安価です。第三世代のものは副作用は少なめですが、まだ薬価が高いために長期的に飲み続ける必要のある抗うつ剤としては経済的な負担が大きめです。 必ずしも新しい薬が良いというわけではなく、合うかどうかは個人差もあるので、注意しておきましょう。

薬を急にやめると出る症状は依存症によるものではありません

抗うつ剤を一度飲みだしたら、依存症のようになると心配する人もいますが、そのようなことはありません。医師の指示に従わずに急に薬をやめたり減らしたりすることによって起こる症状は中止後症状によるものです。抗うつ剤は治ったのに薬をやめられないのだから、依存症になると誤解される点がこの中止後症状が出るためです。 たいていは症状が出なくなっても、1年程度は徐々に減らしながら服薬を続けます。減らせるスピードは個人差もあるので、医師の指示に従いながら個別に調節していきます。 うつ病は治療が長くかかるものですが、焦りは禁物です。そして、完治しない病気ではありません。抗うつ剤の力を借りて治した後は、ゆっくりと抗うつ剤とさようならしていくんだというつもりで服薬を続けましょう。

ページの上部へ