うつ病の改善にはカウンセリングが効果的です

自分に合った抗うつ剤

うつ病に効果があるとされる抗うつ剤はこちらで紹介しています。詳しい成分や効果が載っているので飲む時の参考にできますよ。

自分に合う抗うつ剤を見つけてください

うつ病と闘う方にとって薬物療法と精神療法は欠かせないものです。なかでも薬物療法は治療の要です。使用される薬は抗うつ剤と呼ばれるものです。抗うつ剤は主に5種類に分けられます。三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSAの5種類です。どれも脳内の神経伝達系に作用します。 三環系が一番古くからある薬で、次いで四環系、SSRI、SNRIと続き、最新のものがNaSSAです。より新しい抗うつ剤の方が治療効果が高いようです。副作用も少なくなってきています。しかし薬の効き方には個人差があります。どの薬が一番効果が高いかは人それぞれです。医師の指示のもと正しく服薬してください。 抗うつ剤は飲んですぐに効果が出ると言うものではありません。効果があらわれるまでに1、2週間かかる場合もあります。そして再発防止のためには半年程度の服用が必要です。

副作用があることを理解した上で薬と付き合う

何の薬にも言えることですが、抗うつ剤にも副作用のリスクはあります。必ず副作用が起きるわけではありませんが、副作用が起きてもあわてずに医師に相談してください。 主な副作用は、口の中が乾く、眠くなる、便秘になる、頭痛などです。しかも抗うつ剤の効果の出方はゆっくりですが、副作用はすぐに出る場合が多いのです。しばらくは辛いでしょうが我慢の時期です。どうしても副作用が辛いようでしたら、減薬や抗うつ剤の種類を変更してもらうなど、医師と相談しながら服用を継続してください。 うつ病は心の病ですから、完治したかどうかが判断しにくいものです。自分では治ったと思っても、実はまだ回復途中と言うこともあります。医師の診断にしたがって服薬をしてください。自己判断での服薬中止は症状の再発につながります。

お医者さんに相談しましょう。

今や現代病となっているうつ病。悩んでいる方は、たくさんいます。また、家族や職場など身近なところでも、うつ病で苦しんでいる方は少なくありません。 うつ病の治療に欠かせないものは、抗うつ剤です。もちろん、抗うつ剤だけではなく、休養や精神療法を用いながら、ひとりひとりに合った方法で治療していきます。 休養であれば仕事を辞めたり、休職したりと方法はあります。しかし、抗うつ剤はそのお薬を扱う病院やクリニックに行き、処方されなければいけません。 病院に行くことは億劫かもしれませんが、まずは相談してみましょう。 お医者さんに任せて、自分に合った抗うつ剤を処方してもらえばひとまず安心できます。 本人でなくても、家族に悩んでいる方がいれば一緒に相談してみてください。

抗うつ剤を上手に利用しましょう。

うつ病を治す早道は、やはり抗うつ剤の力を借りることです。例えば、不眠が続いてるときに睡眠薬を服用すれば、安眠でき身体を休ませることができます。このように薬の力を借りることも大切なことなのです。 抗うつ剤には、いくつか種類があります。その中で現在、うつ病の治療においてはSSRIやSNRIといった薬を、最初に処方することが多くなっています。 これらは、感情面に働きかける作用のあるセロトニン等の再取り込みを阻害することにより、抗うつ効果を発揮するといわれています。 抗うつ剤に、依存性はほとんどないといわれています。医師の指示通りに用法、用量を守り服用すれば安心です。 薬を使うことに不安を感じることもあるでしょう。しかしうまく使っていけば治療につながります。

抗うつ剤の利用について

精神的に不安定な状態が続いてしまうと、自分はうつかもしれないと考えることがあります。うつかどうかは、専門家に診断してもらうようにしてください。決して自分で診断することはしてはいけません。必ず、心療内科に通診断を仰ぐようにしてください。そこでは抗うつ剤を処方されることがあります。抗うつ剤は名前のとおり、うつの症状を緩和させるための薬です。したがって、心療内科で処方された抗うつ剤を正しく服用することによってうつの症状が軽くなるのです。抗うつ剤は薬局で購入することができませんから、必ず心療内科で処方箋をもらうようにしてください。まずは、自分の症状がうつかどうかを診療内科で診てもらう必要があることを認識してください。

抗うつ剤について

うつ病の症状が出た場合は、抗うつ剤などで治療を行ないます。抗うつ剤は様々な種類があり、服用の仕方を間違えると健康被害が考えられます。医師の指導をよく聞き用法用量を守って服用しましょう。

Read More

うつの薬を飲む

抗うつ剤は様々な種類があります。脳内の神経伝達物質を正常にするという働きのものが主でしたが、近年は新しい第三世代と呼ばれる抗うつ剤も登場しており、症状を緩和してくれます。

Read More

薬の特徴

抗うつ剤は治療の補助として服用する薬です。副作用などもあり、使用の方法を間違えると離脱症状なども現れます。その人が持っている運動力や免疫力、治癒力、調整力を鍛えて鬱に対抗しましょう。

Read More

投与の意味

抗うつ剤を投与することによって、うつ病を正常化することが出来ます。抗うつ剤にも様々な種類があり、それぞれ体の中で起きる働きは違います。進化が続く抗うつ剤は新たな物が登場しており治療に役立てることが出来ます。

Read More

抗うつ剤の重要性

抗うつ剤はうつ治療に欠かせないものです。様々なところから情報収集をしてから、医師から抗うつ剤を処方してもらうことでより効果を高める事ができます。早期の治療で症状が進行するのを防ぎましょう。

Read More

ページの上部へ